2017/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサードリンク

外貨預金は金利が高いという魅力ばかりに目がいきがちですが、外貨預金の取り扱い銀行もそれぞれ独自の特色があり、メリットを打ち出して販売しています。

その中から、何が自分に最適な銀行を見つけるかが問題です。

本当に重要なことは、自分のライフスタイルをしっかり把握して、外貨預金が必要かどうかを見極めることです。

例えば、近い将来 海外出張や海外旅行または海外留学などを考えているなら、外貨預金は適していると言えるでしょう。
しかし、単に円と外貨を金利の有利さのみで比較して、外貨預金の為替差益で儲けようと考えるのであれば、やめておいて方がよいでしょう。
外貨預金は投資信託や株取引と違い銀行で行い、預金と名称がついているからか、顧客に安心感を与え、利用客は増える傾向にあります。

外貨預金の顧客の利益は、金利と為替差益になるわけですが・・・
一方、銀行の利益は、外貨を預入時、払戻時に発生する手数料です。

外貨預金をした際には、為替レートの影響を受けますが、その際、為替レートを手数料の分だけ上乗せして利益を出しているのです。

つまり、かかった手数料が多くて、結果的には損をしたということもあり得るのです。

銀行によっては、手数料が安かったり無料などの条件もあります。
しかし、手数料は無料でも、一定額以上の預金をしておかなければ口座管理料がかかるケースもあります。

銀行選びには、詳しく調べてよく説明を受け 特に慎重になりましょう。


trackback