2017/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサードリンク

 外貨預金を実際に行う場合、
どこの銀行にするのか?
どんなタイプの外貨預金にするのか?
どこの国の通貨で預金するのか?
を慎重に検討する必要があります。

 外貨預金といっても、外国の銀行に預金するのではなく日本の銀行に外貨を利用して預金をします。
 外貨預金を取り扱っている銀行は、大手メガバンクや都市銀行などです。
例えば、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行などがあります。
各銀行ごとに金利や手数料が違いますので、インターネットサイトなどで各銀行の特徴を比較して見ましょう。

価格.com 外貨預金〜金利・為替手数料比較
三菱東京UFJ銀行 外貨預金
三井住友銀行 外貨預金
みずほ銀行 外貨預金

 日本銀行に円で預けた場合の金利は約0.5%ですが、平均的な外貨預金の金利は1年で約3%です。
外貨預金の金利がいかに高いかが明らかですが、どの銀行に預けるかは普通預金にするのか、定期預金にするのか、何年のスパンで預けるか・・・などにより選択銀行が変ってくるので熟慮が必要です。
FXから外貨預金まで 図解で覚える 外貨投資50の法則
この本は安く、そして初心者には大変分かりやすく書かれています。私はこの本を買ってからすぐに、外貨普通預金を始めさせていただきました。為替や株に抵抗があって始める事が出来なかった私は、この本で為替の基礎を学び、興味をよりいっそう深める事が出来ました。


CD‐ROM付き 一番やさしく外貨預金・投資信託がわかる
外貨預金も投資信託も今では普通の資産運用になりましたが、意外に簡単で基本知識が身に付く本って出版されていません。多くの本はプロ向けです。この本は外貨預金や投資信託を始めようかなと思っている人の最初の一歩に最適です。


 次に比較すべきは、どこの国の通貨で預金するのか?と言う問題です。
比較するのは、全世界の基軸通貨であるアメリカドル、ヨーロッパの通過であるユーロ、そして、比較の元となるわが日本の円です。
他にドル圏として、カナダ・オーストラリア・ニュージーランドなどのドルもありますが、基本はアメリカドルとユーロとの比較になります。

 金融情勢などをよく把握し、リスクの高そうな通貨は避けましょう。
 しかし、予測不可能なトラブルにも対処できるように、リスク分散の意味からも、多少の分散投資をしておいたほうが安全でしょう。


trackback