2017/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサードリンク

 外貨預金は日本での預金に比べ金利が高いことが魅力ですね。
 その中でも、特に金利の高いのが定期預金です。

 定期預金とは、あらかじめ満期の期日を設定してから預金することを言いますが、現段階では日本の銀行に預ける場合より、外貨で定期預金をしたほうが明らかに高金利を期待できると言ってよいでしょう。

 しかし、リスクもしっかりと頭に入れておかなければなりません。

 外貨による定期預金の最大のリスクは、為替の変更があるということです。
 為替相場の動きにより、満期時の受取額が大きく変わってきます。最悪の場合、受取額が大きく減額してしまう『為替差損』が出ることもあります。

   また、為替相場の変動以外でも、円からドル、ドルから円に交換する際 1ドルにつき約2円の為替手数料が必要になります。
 さらに、日本の定期預金と違って、外貨定期預金は途中解約ができません。
 また、金融機関に何かあった場合の対象外であるため、元金の補償はありません。
 これらのリスクを考慮に入れる必要はありますが、為替変動にうまくマッチできれば、『為替差益』によって、膨大な利益を得ることが出来るかもしれません。
 また、為替差益があまり期待できないとしても、減額がなければ預けておくだけで高い金利がつきますので、満期の際には増額した金額を受け取ることが出来ます。


trackback