2017/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサードリンク

外貨預金における手数料について詳しく述べます。

手数料とは、外貨預金として日本円と外貨を交換する際にかかる費用です。これは預け入れ、引き出しともにかかります。

日本の円で預金した場合と外貨預金との大きな違いは、この取引の際の為替手数料です。
預け入れの場合のみならず、満期で受け取るとき、途中解約で現金を引き出す際にもかかります。

この手数料は銀行によって、通貨の種類によっても違います。

例えば、平均的な金額ではアメリカドルで取引した場合、1ドルにつき往復2円の為替手数料がかかります。しかし、ニュージーランドドルなら、1円〜5円の為替手数料となり銀行によって大きく差があります。

銀行により手数料が違うのは、その銀行がその通貨でどれだけの量の取引をしているのかによって変わってきます。
つまり、どこの銀行でも最も取引量の多いアメリカドルは平均して手数料が安く、取引量の少ないニュージーランドドル、カナダドル、イギリスポンドなどは手数料が高く設定されています。
通貨の取引量が増えれば為替手数料は下がり、反対に取引量が減れば為替手数料が上がるということです。

我々が海外に出かけるとき、安全面から現金以外にトラベラーズチェック(T/C)を持っていきますが、トラベラーズチェックの預け入れや引き出しには為替手数料以外にも手数料がかかります。

また、銀行の窓口に直接外貨を持ち込んだ場合も別途手数料がかかります。
つまり、どんな取引でも外貨預金には手数料がかかるということです。


スポンサードリンク

外貨預金は金利が高いという魅力ばかりに目がいきがちですが、外貨預金の取り扱い銀行もそれぞれ独自の特色があり、メリットを打ち出して販売しています。

その中から、何が自分に最適な銀行を見つけるかが問題です。

本当に重要なことは、自分のライフスタイルをしっかり把握して、外貨預金が必要かどうかを見極めることです。

例えば、近い将来 海外出張や海外旅行または海外留学などを考えているなら、外貨預金は適していると言えるでしょう。
しかし、単に円と外貨を金利の有利さのみで比較して、外貨預金の為替差益で儲けようと考えるのであれば、やめておいて方がよいでしょう。
外貨預金は投資信託や株取引と違い銀行で行い、預金と名称がついているからか、顧客に安心感を与え、利用客は増える傾向にあります。

外貨預金の顧客の利益は、金利と為替差益になるわけですが・・・
一方、銀行の利益は、外貨を預入時、払戻時に発生する手数料です。

外貨預金をした際には、為替レートの影響を受けますが、その際、為替レートを手数料の分だけ上乗せして利益を出しているのです。

つまり、かかった手数料が多くて、結果的には損をしたということもあり得るのです。

銀行によっては、手数料が安かったり無料などの条件もあります。
しかし、手数料は無料でも、一定額以上の預金をしておかなければ口座管理料がかかるケースもあります。

銀行選びには、詳しく調べてよく説明を受け 特に慎重になりましょう。


スポンサードリンク

外貨預金の金利は、日本国内で預金するより高いのが魅力と言いましたが、この金利は同一のものではありません。



外貨預金に選んだ通過が流通している国の政治情勢や経済状態によって異なっているので、それぞれの国の経済状況に注意しておくことが大切です。

例えば、インドや中国などは、経済状態が活発で好景気であり、国としての成長が続くと思われます。

また、南アメリカ大陸の国々やオセアニアの国々などの多くでは、過熱した景気の影響で急激に物価が跳ね上がっているインフラ傾向が見られる状況にあります。

イギリス・フランスなどのヨーロッパの先進国の多くには、不景気であったり、国としての経済が成熟しきって、今後 あまり成長が望めそうもない状況が見られます。

それから、金利は預ける銀行によっても変ってきます。
これは、金利及び取り扱い手数料が、銀行独自の判断で自由に設定できることになっているからです。

ですから、大手銀行のほうが小さな銀行より高めの金利や低めの手数料の商品がそろっています。

特筆すべきは、近年インターネット専用銀行などがあらわれ、一般の店舗を構えた銀行より人件費や施設費などの経費を、金利や手数料に還元して低くしている銀行があることです。

銀行の窓口に相談する以外にも、インターネットサイトなどで金利や手数料の比較をしておきましょう。
ネット銀行NAVI


スポンサードリンク

 外貨預金を実際に行う場合、
どこの銀行にするのか?
どんなタイプの外貨預金にするのか?
どこの国の通貨で預金するのか?
を慎重に検討する必要があります。

 外貨預金といっても、外国の銀行に預金するのではなく日本の銀行に外貨を利用して預金をします。
 外貨預金を取り扱っている銀行は、大手メガバンクや都市銀行などです。
例えば、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行などがあります。
各銀行ごとに金利や手数料が違いますので、インターネットサイトなどで各銀行の特徴を比較して見ましょう。

価格.com 外貨預金〜金利・為替手数料比較
三菱東京UFJ銀行 外貨預金
三井住友銀行 外貨預金
みずほ銀行 外貨預金

 日本銀行に円で預けた場合の金利は約0.5%ですが、平均的な外貨預金の金利は1年で約3%です。
外貨預金の金利がいかに高いかが明らかですが、どの銀行に預けるかは普通預金にするのか、定期預金にするのか、何年のスパンで預けるか・・・などにより選択銀行が変ってくるので熟慮が必要です。
FXから外貨預金まで 図解で覚える 外貨投資50の法則
この本は安く、そして初心者には大変分かりやすく書かれています。私はこの本を買ってからすぐに、外貨普通預金を始めさせていただきました。為替や株に抵抗があって始める事が出来なかった私は、この本で為替の基礎を学び、興味をよりいっそう深める事が出来ました。


CD‐ROM付き 一番やさしく外貨預金・投資信託がわかる
外貨預金も投資信託も今では普通の資産運用になりましたが、意外に簡単で基本知識が身に付く本って出版されていません。多くの本はプロ向けです。この本は外貨預金や投資信託を始めようかなと思っている人の最初の一歩に最適です。


 次に比較すべきは、どこの国の通貨で預金するのか?と言う問題です。
比較するのは、全世界の基軸通貨であるアメリカドル、ヨーロッパの通過であるユーロ、そして、比較の元となるわが日本の円です。
他にドル圏として、カナダ・オーストラリア・ニュージーランドなどのドルもありますが、基本はアメリカドルとユーロとの比較になります。

 金融情勢などをよく把握し、リスクの高そうな通貨は避けましょう。
 しかし、予測不可能なトラブルにも対処できるように、リスク分散の意味からも、多少の分散投資をしておいたほうが安全でしょう。


スポンサードリンク

 外貨預金は日本での預金に比べ金利が高いことが魅力ですね。
 その中でも、特に金利の高いのが定期預金です。

 定期預金とは、あらかじめ満期の期日を設定してから預金することを言いますが、現段階では日本の銀行に預ける場合より、外貨で定期預金をしたほうが明らかに高金利を期待できると言ってよいでしょう。

 しかし、リスクもしっかりと頭に入れておかなければなりません。

 外貨による定期預金の最大のリスクは、為替の変更があるということです。
 為替相場の動きにより、満期時の受取額が大きく変わってきます。最悪の場合、受取額が大きく減額してしまう『為替差損』が出ることもあります。

   また、為替相場の変動以外でも、円からドル、ドルから円に交換する際 1ドルにつき約2円の為替手数料が必要になります。
 さらに、日本の定期預金と違って、外貨定期預金は途中解約ができません。
 また、金融機関に何かあった場合の対象外であるため、元金の補償はありません。
 これらのリスクを考慮に入れる必要はありますが、為替変動にうまくマッチできれば、『為替差益』によって、膨大な利益を得ることが出来るかもしれません。
 また、為替差益があまり期待できないとしても、減額がなければ預けておくだけで高い金利がつきますので、満期の際には増額した金額を受け取ることが出来ます。


スポンサードリンク
 
 外貨預金の魅力はやはり高い金利にあります。 日本は低金利時代に入ってから もう随分と経ちました。年末を向かえますます景気の冷え込みも厳しくなり金利が上昇する気配は全くありません。特に、普通預金は低金利の上、時間外取引や他銀行との取引、休日取引などその都度手数料が徴収されます。銀行に預けるより自宅で保管する、いわゆる『タンス預金』の方がよいのではと思えるほどです。 
 
 海外でもこのように低金利なのか?と目を向けてみると、アメリカ、オースラトリア及びユーロ等を見てみると・・・外貨預金という形でこれらの国に預金した場合、金利のみに絞って考えると、日本の金利の約10倍から20倍の金利がついてきます。  
 
 ただし、ここで注意しておきたいのは、アメリカの場合、取引の際に1ドルにつき往復日本円で2円の手数料が徴収されます。 
 よって、大幅な円安になった場合、1年ほどの短期預け入れでは元金割れしてしまう可能性があります。  しかし、2年以上、5年あるいは10年などの長期預け入れが出来るならば、金利だけでも膨大な増収になると言うことです。  
 
 けれど、先日のアメリカのリーマンショックのような予期せぬ出来事により大きく変動することも考慮に入れておかなければなりません。 
 金利は国によって異なり、毎日変動しています。為替との兼ね合いもあります。 
また、銀行により取り扱っている内容も違います。 
 外貨預金の高金利の興味がある方は、銀行でじっくりと説明を聞いて、自分に合う外貨預金を探すことが大切です。